SSブログ

森和俊教授がノーベル賞の受賞候補になった小胞体って何? [ニュース]

京都大学教授の森 和利さんがノーベル賞
受賞候補に選ばれて話題になっています。


今回のノーベル賞ジャンルは医学生理学賞。
ノーベル賞は6部門あり、医学生理学賞は
生理学及び医学の分野で最も重要な発見を
した人に与えられる賞です。


森 和利さんは「小胞体」という細胞に含ま
れている器官を発見した功績で受賞しました。


ノーベル賞候補になるほどの小胞体とは一体
どのような器官なのか?


タンパク質に異常がある場合、小胞体が異常
を察知して分子シャペロンとゆうタンパク質
を成形する物質を増やして正しい形状へ整え
ます。つまり、タンパク質の品質管理です。


いままでは小胞体がそのような働きをしてい
ることは解明されていなかったというわけで
すが、森 和利さんがこれを発見したのです。


先ほどあった、異常なタンパク質ですが、この
異常なタンパク質が体に蓄積されると、糖尿病
やパーキンソン病になるとされており、今後
小胞体の異常なタンパク質を検知する働きを
更に解明することによって新たな治療法を開発
できる可能性があるということです。



スポンサードリンク






ここで森 和利さん経歴を紹介します。


1958年7月7日生まれ 57歳

出身地は岡山県倉敷市

出身校は
岡山県立倉敷青陵高等学校
京都大学薬学部製薬化学科
京都大学大学院薬学研究科修士課程修了


少年時代は鉄腕アトムが好きで将来の夢を
博士になると決めていたようです。

小学校、中学校を卒業し、倉敷青陵高等学校へ。
倉敷青陵高等学校の偏差値は65です。

それから京都大学薬学部を経て同大学の大学院。

かなり優秀な方というのが分かりますね。

しかし、苦労もあったようです。

20代後半のころ、なかなか研究の成果を出せず
足踏み状態でした。

そんなとき利根川進さんがノーベル賞を受賞。

森 和利さんは利根川 進さんの言葉である
「一番いい仕事をしなければならない30代に
教授の手伝いをしていてはダメだ」という
言葉に影響されてアメリカに渡る決意をしました。

自分に本当にサイエンスをやる能力があるかを
見極めたいとう気持ちが強かったそうです。

アメリカで現在の研究テーマである小胞体に出会い
研究成果を出して「ラスター賞」を受賞しました。

ちなみにこのラスター賞を受賞している研究者から
ノーベル賞を受賞する確率が高いそうなんです!

森 和利さんのノーベル賞受賞に期待ですね!



スポンサードリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます